ニート、引きこもりの社会復帰支援!方法はこちら

ニート、引きこもりの社会復帰を支援します。脱ニート、引きこもりしたい方のための応援サイトです。
MENU
ニート,社会復帰,支援 ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

ニートは社会復帰できる?

ニート,社会復帰,支援

一度ニートになってしまったからと言って、再就職を諦める必要はありません。
ニートに限らず、現代就職活動においては非常に苦労する方が多く、
50%程度の方しか順調に就業が決まらないとさえ言われています。

 

ニートでも、厚生労働省発表のデータによると、
40%強の方が再就職しているようで、求職者とそこまで大差がないように感じます。
そんなニートの再就職を支援する団体として、
若者を対象とした「若者正社員チャレンジ事業」というものがあります。

 

「若者正社員チャレンジ事業」とは、29歳以下の「働きたいのに働けない」若者を対象として、就職が可能となるようにサポートするものです。
専門スタッフによるカウンセリングを始め、実際に企業において職場体験が可能となったり、
何よりそんな若い意欲的な方々を受け入れようとする企業は沢山あるのです。

 

詳しくはこちらのホームページで詳しく御紹介されています。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

 

 

 

 

ニートとは何?

ニート,社会復帰,支援

厚生労働省によるニートの定義としては、

 

「15歳以上34歳以下の若者のうち、独身で配偶者がおらず、
家事もしていなく学校にも通学していない、普段収入を伴う仕事をしていない」

 

方の事を指します。
35歳以上の方については単に「無職」と呼ばれますが、働いていない人全般で「ニート」と呼ばれるケースが多いようです。

 

 

ニートになってしまった原因にはどんなものがある?

ニート,社会復帰,支援

ニートになってしまう中には、元々の性格が内気で消極的である事から、
社会に馴染めず挫折をした事が原因となるものが多いそうです。

イジメのターゲットとなったり、元ある学習や運動の能力が低い場合に劣等感に陥ってしまう場合もあります。

 

またこれ以外にも、両親が裕福で身の周りの事を手取り足取り世話をしてしまうと、
ご自身では何もしない子に育ってしまう恐れもあります。

 

家庭に居る時の環境を整え過ぎると、あまりに居心地が良いので外に出る時間が減ってしまうのです。

 

 

ニートの方々はどんな生活をしている?

ニート,社会復帰,支援

多くのニートは、日が沈む夕方頃に起き始めて、日の出くらいに寝るという昼夜逆転の生活をしています。
これは昼間に出歩いているとご近所の目が気になってしまう事、
更には家族にも後ろめたい気持ちを感じている事などが理由となっています。

 

極力人と顔を合わせないように行動したいのです。

 

ニートの行動時間帯である深夜には、ご自身の部屋でゲーム・インターネットなどを行なって過ごしている方が多いそうです。
これは決して趣味として楽しんでいる訳ではなく、どうしたら良いのかと悩む現実から目を背け、
気を紛らわしている証拠だとも言われています。

 

 

若者のニートはどうして働かないのか?

ニート,社会復帰,支援

ニートの中には「働きたいのに何らかの理由で社会に出るのが怖い」という方もいますが、
多くは「働かなくても生きていける」と感じてしまっている事にあるようです。
すなわち働かなくても生きていける、裕福な家庭に生まれたお子さんに多く見られる傾向にあり、親の対応も大切になってくる訳です。

 

近年の社会環境の悪化・賃金の低下に加えて雇用事情も厳しくなっているのも大きな問題点で、
仕事に対するモチベーションが見出せないとも聞きます。

 

「ニートを増やしている原因としては、家族と社会の両側面がある」
と重くうけとめる必要がありそうです。

 

 

日本の三大義務の1つにも勤労の義務がある

ニート,社会復帰,支援

日本国民の三大義務は、教育の義務、勤労の義務、納税の義務です。
義務とは、ある意味強制的とも捉えられる絶対的な法則を表しています。

 

勤労の義務とは「働かなければならない」という事を表しているのではなく、
働く意思がありそのための能力を持ち合わせているという事を示しています。

 

自宅に居たとしても、主婦ならば家事をする訳ですし、学生ならば勉強をして収入がない事もあるでしょう。
収入を得なかったとしても、行なっている行動自体は「労働」の一種であるとも捉えられるという訳です。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

高齢ニート(スネップ)とは何?その特徴とは?

ニート,社会復帰,支援

ニートと言うと、上記で定義を紹介したように20代の比較的若い年齢を指す事が多いですが、
高齢ニート(スネップ)という言葉も耳にする事があります。
これは60歳くらいの年金を貰う直前の年齢までは行かず、30歳から50歳の年齢を指している事が多いようです。

 

この年齢だと親も生きている事が殆どなので、親からの支給で生活するのも可能なのです。
中には、親の年金を使って生活する子供もいるようです。

 

こういった現実は、今までは順調に生活出来ていたのに、
社会に出て挫折を経験した事が原因となる事が多いそうですね。

高学歴ニートが増えている現状は?増えてしまう原因は?

ニート,社会復帰,支援

 

近年、有名大学を卒業したにも関わらずニートとなってしまう方が増えているそうです。
学生時代順調に進んできて初めてぶち当たった挫折、ゆえに大手企業に就職しなければとハードルを上げてしまいがちです。
勉強を熱心に頑張ってきたからこそ、社会経験的には未熟である場合が多く、
就職活動には時間がかかってしまう傾向にあるようです。

 

真面目な方が多いのも事実なので、プレッシャーを感じて押しつぶされてしまわないように、
落ち着いて就職活動に取り組む必要があるでしょう。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

引きこもりとは?引きこもりの人はどのくらいいる?

ニート,社会復帰,支援

 

ニートの関連用語として「引きこもり」があります。
引きこもりの定義としては、半年以上自宅にいて社会参加しない状態が続いている事、
そしてその主たる要因が「精神障害」ではない事、と挙げられます。

 

外出出来るか出来ないかではなく、家族以外に人間関係を形成していないかどうかが基準となり、
外出は出来ても親密な人間関係を形成出来ない場合は「引きこもり」に当たります。

 

すなわち、ニートかつ引きこもりの状態も多いと言う訳です。
現在国が把握しているものを中心に推計すると、このような状態の方々は300万人程度いるのではないかとさえ言われているようです。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

社会復帰する前に自宅ですべき事は?

ニート,社会復帰,支援

 

何らかの理由でニートになってしまい、いざ再就職するとなっても、
いきなり今までの生活から社会への復帰はハードルが高いものがあるでしょう。

 

まずは生活習慣を改善する事が大切なのですが、どういった努力をする事が大切なのでしょうか?
以下に特に大切だと思うステップを挙げてみました。

 

 

基礎体力をつけておく

ニート,社会復帰,支援

ニートは自宅から長距離の外出をしないために、基礎体力が低下しがちです。
毎朝30分だけランニングをするとか、スポーツジムに通うなどして、就職してから困らないように基礎体力をあげておく事が大切です。

 

いきなりハードなトレーニングをすると長続きしない可能性が考えられますので、
最初は簡単なストレッチや筋トレなど自宅で出来る事から始めるのが良いかもしれませんね。

 

 

人の話を聞く力をつけて、コミュニケーション能力を高める

ニート,社会復帰,支援

一定期間、家族以外の他人と接する機会がないに等しかった訳ですから、どのように他人と交流を持つのかもうっすらとしか思い出せないでしょう。
コミュニケーションの基本は「相手の話を聞くこと」です。
相手の話を聞いて相槌を打ち適切な質問を投げかけるのですが、意外にも慣れるまでは難しい事です。

 

しかしながら、人間関係を築く上でとても大切な事であるのも事実です。
相手の話を聞くのに慣れてきたら、随所随所にご自身の体験談や意見も織り交ぜた会話をすると良いでしょう。
身近な家族と、たわいもない会話をする事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログを書いてインターネット上で交流を持つのも良い

ニート,社会復帰,支援

今やSNSが普及している世の中なので、SNSを通じてインターネット上の交流を持つのも良いでしょう。
あまりはまりすぎては逆効果になってしまいますが、ブログを書いて読者の方とやり取りしたり、
チャットを通じて会話を楽しんだりするだけでも、他人との関わりを持つ事が可能な時代なのです。

 

 

資金集めに在宅ワーク・ポイントサイトに登録をしてみる

ニート,社会復帰,支援

就職活動をするのには多少たりとも資金を必要とします。
そこでおすすめなのは、在宅ワークやポイントサイトに登録してそのための資金を得る事です。
インターネット環境とパソコンがあれば、特に資格などがなくても取り組む事が出来る上に、
仕事をしてお金を貰える事に対してやりがいを感じられるのも嬉しいところです。

 

また在宅ワークにはパソコンがなくても、自宅で内職的に作業が出来るものもあり、
手先の訓練のためにも試してみると良いでしょう。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

ニートが社会復帰するための第一歩とは?

ニート,社会復帰,支援

社会復帰の準備が出来たら、実際に就職活動に移ります。
その際の手順について、順番に細かく記載してみました。
こちらを参考に動いてみて下さいね。

 

 

これからのライフプランを立てて、就活のゴールを明確にする

ニート,社会復帰,支援

「こういった職業に就職したい」「就職してこういった事を実現させたい」など、まずはゴールとなる目標を明確にしていきます。
目標達成に向けて、今何が出来るのか?をその時々に小目標として挙げて、1つ1つクリアして達成していくのです。

 

目標がなくてただやみくもに就職活動をしていると、なかなかやる気になれない事も多いでしょう。
ゴールがあるからそれに向かって頑張れると言うのは大きいですね。

 

 

とにかく外に出る機会を作る

ニート,社会復帰,支援

カフェで作業をするだとか、デパートに出掛けるだとかちょっとした事でも良いので、まずは外出する機会を増やしましょう。
履歴書を書く時も敢えてカフェで書いてみたり、調べ物をするのに図書館などを利用するのも良いですね。

 

気分転換の意味でも外の世界に積極的に出てみるのは大切です。

 

 

規則正しい生活を心がける

ニート,社会復帰,支援

ニートは夜型の生活を送る事が多い傾向にありますが、まずは昼に起きている生活スタイルに戻していく事が大切です。
睡眠時間も6時間前後たっぷり取り、逆に寝すぎないように目覚ましで起きるようにします。
食事の時間も朝・昼・夜と決められた時間に摂り、運動や習い事を毎週何曜日と決めて継続して行なうのも効果的でしょう。

 

いきなりは難しいですが、徐々に改善していきましょう。

 

 

成功した人の話を聞いてみる

ニート,社会復帰,支援

成功した人の体験談を読んで、ニートから社会復帰出来た方の話を聞いてみるのも励みになるのではないでしょうか。
実際に同じ境遇の方に出会い話を聞くのは難しいかもしれないので、インターネット・他資料などを参考にして調べてみましょう。

 

このようにして成功した、こういった点に注意した方が良い、などの他人の話を聞く事は、外の世界に出ていく上でプラスになります。

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

まずはアルバイトから始めるのもおすすめ!

ニート,社会復帰,支援

そうは言ってもいきなり「週5日、8時間労働」のフルタイム勤務は不安かと思うので、
最初はアルバイトから始めてみても良いかもしれません。
まずは働くという事に慣れるのが大切なのです!
「週3回、4時間」くらいから始めて、徐々に働く時間を増やしていけるのが望ましいでしょう。

 

アルバイトでも色々な方と協力して働く、という点ではものすごく勉強になる場なのです。

 

 

単発派遣のアルバイトで働く事に慣れる

ニート,社会復帰,支援

ニートからの社会復帰をする際に、履歴書でさえ通らない、アルバイトでさえ受からないという事も多いようです。
その際におすすめなのは、単発のアルバイトに応募してみる事です。
長期バイトとは異なり、単発すなわち日雇いで、履歴書や面接が不要な案件も多いのです。
そのため、そこでの人間関係も1日限りで終わるという点でも気持ちが楽でしょう。

 

日雇いのアルバイトは、給料の支払いも日払い・1週間程度で貰えるものが多いのも助かります。
何より「1日だけでも働く事が出来た」という自信をつける事が大切なのです。

 

 

30歳過ぎている場合は、いきなり正社員を狙った方が良い場合もある

ニート,社会復帰,支援

30歳過ぎてからの社会復帰ともなると、アルバイトの中でも高齢に分類されるために、いきなり正社員を狙った方が良い場合が殆どです。
「30歳にもなってアルバイト?」という目で周囲に見られるからです。
あっという間に月日は流れ非正規雇用のまま、歳を重ねていくという心配もあります。

 

「私にはこんな仕事出来ない」と思わず、開き直って挑戦する事が大切な事だと言えます。

 

 

正社員→派遣社員→アルバイトの順に挑戦する

ニート,社会復帰,支援

以上の事を元にすると、正社員→派遣社員→アルバイトの順に挑戦していくのが良いと思われます。
正社員として採用されれば一番良いのですが、何社も落ち続けて自信をなくして欲しくはないからです。
「自分でも働ける」と感じる事が大切なので、次は派遣社員に挑戦…といった形で、働ける仕事を探していきます。

 

アルバイトもまずは長期のアルバイト、それでも難しいならば単発から始める、といった流れとなります。

 

 

独立開業・自営業・開業の道もある

ニート,社会復帰,支援

ニートになる方の中には、社会で働くという事に不向きな面も持ち合わせています。
そのため、いっそのこと自身で事業を立ち上げて自営業・個人事業主への道を歩むという方法もあります。
特に、高校、大学を出てある程度学んできた方にはおすすめの方法で、
知識を生かして現代のニーズに合わせた事業を立ち上げるという手もあるのです。

 

人間関係が上手く行かないだけで、元ある能力を無駄にするのはもったいない話ですし、逆に学業が苦手なだけで学歴で人を判断されてしまうのも残念な話です。自分の得意な事・興味を持てる事を仕事としてみてはいかがでしょうか?

 

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援

ニートの社会復帰の前に訪れる場所

ニート,社会復帰,支援

ニートが社会復帰する際には、ハローワークで職探しをする以外にも、
ご自身の就職に役立つ技能を身に付けるといった自分磨きの職業訓練校に行くという道もあります。

 

それぞれの施設について、簡単に御説明いたしましょう。

 

 

誰でも使える公共機関、ハローワーク

ニート,社会復帰,支援

厚生労働省の定義によると、民間の職業紹介事業では就職に結びつかない方々を対象に、
職業紹介、雇用保険、雇用対策を実施する「総合的雇用サービス機関」を指します。

 

国民に安定した雇用を確保する事を目的とし、正式名称は「公共職業安定所」と呼ばれています。

 

 

無料で基礎知識が学べる職業訓練校

ニート,社会復帰,支援

就職に向けてスキルを身に付けたい方向けに、求職者の方が無料で受ける事が出来るトレーニングを指します。
職業訓練を受けたい場合は、ハローワークにまずは相談してみて下さい。
テキスト代など一部実費となる場合もありますが、無料で受けられるサービスが殆どなのです。

 

高度な技能を取得する訓練の場合は有料となる場合がありますが、こういった訓練を受ける事が出来る場があるのはありがたい事ですね。

 

 

ハローワークは合わない場合もあるので注意!

ニート,社会復帰,支援

ハローワークに行く事は、ニートの社会復帰には合わない場合もあります。
一番は担当者との相性が関連していて、ご自身の就職を良いものにするかも担当者の力量次第なところがあります。
人によってはこちらの希望条件を聞いて貰えない、お役所仕事として対応された…など不快な思いをした方もいるようです。
担当者をこちらで選ぶ事が出来ない場合は残念なのですが、合う担当者に当たるかどうかが重要な鍵を握るようです。

 

こういったシステムなどが合わないと感じる方向けに、民間の職業紹介会社を利用するという方法もあります。
その他以下のような施設・システムもありますので、ご自身の適正に応じて検討してみて下さいね。

 

 

ニュースタートという施設での取り組み方法

ニート,社会復帰,支援

 

NPO法人ニュースタートという団体で、「家族をひらく」という基本理念に基づき、ニートや引きこもりの支援をしています。
社会復帰する際の人間関係の構築を始め、仕事体験の場を提供し、卒業生の就労率は80%にものぼります。
職員の方には実際にニートを経験した方もいるため、気持ちを分かってくれて共感してくれる心強方ばかりです。

 

そんなニュースタートでは大きく分けて、以下の2つのサポートを受ける事が出来ます。

 

 

気持ちをわかってもらえるチャンス、訪問活動

ニート,社会復帰,支援

家族間のやりとりだと甘えてしまったり対立してしまったり、難しい部分もあるでしょう。

 

そんな時に第三者の方とやり取りをする事は有効的な場合が多く、
ニュースタートではこの第三者の事を「レンタルお兄さん・レンタルお兄さん」と呼んでいます。
手紙や電話といった週に1回程度のやり取りを始め、趣味や遊びを一緒にこなしたりする、温かみのあるサポートなのです。

 

 

ゆっくりペースで過ごしやすい共同生活寮

ニート,社会復帰,支援

同様にニート・引きこもり生活を送っていた仲間と共に共同生活をして、
イベント・ボランティアに取り組んで自立するための基盤を作り出すものです。
同じ境遇だからこそ気持ちが分かるという場合が多く、
また、明確にいつという期限も決まっていないので、その人に合わせたペースで取り組む事が出来るのです。

 

 

JAICの研修を受けてみる

 

ニート,社会復帰,支援

 

JAICとはフリーターを始め正社員経験がない方を対象に、企業への就職をサポートする会社です。
この中に、JAICの営業カレッジと言う2週間びっしりと受ける研修があります。

 

実際に飛び込み営業を行なう機会もあり、社会の厳しさを学ばされます。
居眠り・遅刻など風紀を乱す行動を起こした場合は途中で退学となってしまう制度もあります。
これらの厳しい試練を乗り越えたものだけが、書類選考なしで20社と一気に面接を出来るというメリットを勝ち取れるのです。

 

厳しそうだと思われる方も多いかと思いますが、全て無料で参加出来るため、説明会だけでも参加してみてはいかがでしょうか?

 

会話する際にちょっとした工夫をしてみては?

ニート,社会復帰,支援

 

会話する際にちょっとした事を心がけるだけで、人間関係を構築しやすくなります。
それは「why」と「how」の違いについてで、「なんで?」という問いかけではなく、
「どのように?」という問いかけを増やしていく事が大切なのです。

 

会話をしていて、時には理由が必要となる場合もあります。
しかし理由が何である事よりも、これからどうしていくのかという事を考える方が大切である場合が多いのです。

 

特に失敗をした時には、解決策を考える方が有意義になるという訳です。
反省をする事も大切ですが、先に行かせる問いかけを心がける事で、前向きに生きる事が出来るように工夫してみるのはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

ニート,社会復帰,支援

ニートの社会復帰はとても大変な事ですが、このように身の周りで生活している家族を始め、
たくさんサポートしてくれる機関があります。
何より全ての人が、好きで引きこもっていたり、仕事をしていなかったりする訳ではないのです。

 

根底の原因に立ち返り、それを克服できるような方法を考えていく事が大切なのでしょう。

 

更新履歴

ニート,社会復帰,支援

ニート,社会復帰,支援
このページの先頭へ